This Category : ちまき(ママ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

エライ!うさぎの鑑(かがみ)

ちまきちゃんが無事避妊手術を終え戻ってきて
1週間ほど経ちました


P1010706.jpg


手術当日に麻酔から目覚めたちまきちゃんに会いに行ったんですが、
翌日お迎えに行ったら食欲が回復していなくて
もう一晩お泊りとのこと・・・
心配しましたがそこそこ食べれるようになったようなので
次の日帰宅しました。
そして帰って来た瞬間牧草をぱくり
その後は食欲も●もいつも通りになりました。


後は抜糸を待つばかり~なのですが、
ちまきちゃん、実はうさぎの鑑やったのです
カラー(傷口を口で触らないためのエリマキ)がなくても
お腹を気にする様子がなかったので
カラーなしで術後を過ごしましたが、
本当に傷口をさわりません。エライ
貼ってた脱脂綿は剥がしてもうたけどね・・・笑


そして肝心の尿の粘液状の混じりもの。
これの出処かどうか断定は出来ないんですが、
摘出した生殖器のうち、
両方の卵巣に白い膿が出来ていたのと
両方の子宮(赤ちゃんの育つ部屋)の内壁に若干炎症があったとのことで
断面の写真を見せていただくことができました。
なので、今回は病変を見つけて&取ることができて、
結果として手術を選んで良かったと思いました。


これからも元気でおってなぁ、ちまきちゃん。


P1010708.jpg



避妊・去勢手術にはメリットもありますがデメリットもありますよね。
取る臓器に関わる病気の予防や治療にはなります。が
ホルモンバランスの崩れからくる影響を心配する(体重増etc)という意見もあること。
また麻酔から目覚めない可能性も少しはあること。
いろんな情報を得て、信頼出来る獣医さんの説明をちゃ~んと聞いた上での
飼い主さんの選択は、うさぎさんにとっては『それが幸せ』なんじゃ
ないかな~と、私は思います。


我が家も考え方は前と今で変わりつつも結局
避妊・去勢を選んで計・・・何匹になるやろう(笑)
毎度、手術の時間帯は無事を祈ってます。


にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
COMMENT : 0
CATEGORY : ちまき(ママ) |

残念すぎる。

昨日18日の夜~今日19日早朝にかけてちまきちゃんのお産がありました。
結果はタイトルの通り(泣)
今回こそはと色々と工夫して力んだ1カ月間でしたが、
大き目の一人っ子で死産でした。


予定日数日前から胎動を確認しようとしたけど
全く動きが感じられなくて、
これはもしやハズレお腹の中で亡くなってる
と色々考えていたんですが
16日の予定日から遅れて翌々日の18日午前中に巣作り開始。


18日夜にはいきんでいるのを確認したものの
なかなか出てこない様子・・・
母体が無事ならそれでいいと祈りながら、2時間程仮眠して
起きたら亡くなった赤ちゃんが居ました。


難産で生まれて結果死産になった子の姿は
元気に生まれた子に比べて様子が違うんですが、
栄養を独り占めしていた赤ちゃんは大きくて、
お腹での滞在時間が長かったせいか
うっすら産毛が生えて、口の周りの毛もふわっとしていました。
直前まで元気にしてたんやろうに、苦しかったやろうなぁ・・・
可哀想な姿やったけど、私にはとても可愛く感じました。
愛おしいっていうのかなぁ。


ちまきちゃんお休み中。


IMG_0245.jpg


胎子数も交配をするごとに減って来て
死産も続いたので
ちまきちゃんももう母業を卒業してもらおうと思います。
本当に母体が無事で良かった。


ちまきちゃんの子はあつしとたかひろが居るし、
もうそれでいいかな。


ラビトリー、と形を作って立ち上げてもうすぐ2年
ずぇんっずぇん(=全然)交配が進まないですが、
別に誰かに頼まれてやってる訳でもなく(笑)
自分で好きでやっているのでがっつり前に進んでなくても
それはそれでええやないか、と思うようになりました。


目的に目を向け過ぎると今まで楽しめていたものが
楽しく感じられなくなる事もあるって
気付くのにかかった時間なのかもしれません。
好きなの事に違いないのにそれを愛せなくなってしまってたんです。
きっと。


良いことも反省することも、得るものは
かかった時間以上にたくさんあったように思うので、
これを糧にして・・・もっと勉強して
次に向けて、またぼちぼちやっていこうかな~。
次が駄目でもまだまだ諦めへんで~


にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村




COMMENT : 2
CATEGORY : ちまき(ママ) |

予約投稿っていけてるやん

最近ブログの更新方法で「予約投稿」を活用しています。


ネタはあるんやけど更新作業が億劫な私には
ぴったりな機能です。
見て遊ぶ(ネットサーフィン)のは面倒じゃないんですけど
何しか更新作業が面倒なんですね・・・


ある程度ネタがたまってきたら
意を決してPCの電源を入れて~
ババーッと連投して保存するだけ
これからコレで行きたいと思います(笑)


さて今日はちまきちゃん。


IMG_5950.jpg


くついろいでます。
マフ(♀特有の肉垂)に顔を埋めまくり


IMG_5951.jpg


ゆっくり休んでな。


この記事は予約投稿です。


にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村
COMMENT : 2
CATEGORY : ちまき(ママ) |

またまた↓

1/14にちまきちゃんが赤ちゃんを産んでくれたのですが、
前回のあずきちゃんのお産に続き・・・死産でした。


IMG_5941.jpg


ちまきちゃんは過去2回のお産で必ず産んでくれていたので
今回も産んでくれるのは間違いないと思っていたけど
お産の日が近くなっても触った感じ胎動が少ないなと感じていて、
胎子の数が少ないんじゃないかと思って心配していました。
(数が少ないとお腹の中で栄養を貰いすぎて
大きく育ちすぎて難産になるといいます。)


予想通り予定日の11日(30日目)から
3日遅れで1匹だけ産まれて、
いつもよりずっしり身長も大きな子で。
お腹の中では元気やったのに残念やった・・・


ちまきちゃんの体調は良好で
おなかにはもう誰もいない様子。
母体が無事やったのが救いなんやけど、
こう連チャンで続くとどうも落ち込んでしまってあきませんー


今回は前回2回のお産とは違って毛も抜いてくれたので
『今回はしっかり育ててくれそうやなぁ』なんて
安心もしていたし、ちまきちゃん自信の気合の入れようも
伝わってきたような気がしただけに余計、ね。
(只冬まっただ中で気温が低いだけが理由やったかも、という
ツッコミもアリです 苦笑)


月末にはしたらまちゃんのお産の予定があります。
スカ連発のしらたまちゃんのことなので
どうかな~と思いますが・・・


にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

COMMENT : 0
CATEGORY : ちまき(ママ) |

うさぎの人口保育 まとめ

ひと段落したらまとめようと思っていた
今回たまたまうまくいった人工保育の方法を
upしたいと思います。


 まりまりさんへ♪
 ・・・
 ↑追記・私信やしここに書くことじゃないな~と後で思ったのでコメント欄に移動しました。
 スミマセン。


人工保育するにあたって
私が考えることですが・・・


人工保育で赤ちゃんを生かす事が必ずしも
「いいこと」であるとは限らないのかも知れません。
自分も2度挑戦しながら、わかりません。
いろいろ手を尽くしても
赤ちゃんがしぼんでいくのを見てるだけっていうのは
その時は無理でした。
次またそんなことになっても、もう一度人工保育しようとするかどうか・・・と
思うとちょっと考えます。
(そうならないための段取りが一番大事なんですけど。)


生きようとする力を信じて試してみるぐらいの気持ちでいるのが
いいかなって思います。
人工乳だけで育った子は将来何かのトラブルがあった時
母乳で育った子よりも弱くなってしまうのかも知れません。
どんな生き物も、一生の幸せ度は長さじゃなくて濃さだとは思いますが
どうしてあげるのがベストなのかは
今元気な子も心構えが必要になる年頃の子もみんな
飼い主さんの考え次第ですよね。


さて、人口保育の方法です。
あくまでも今回うまくいった例ですので、ほんとに
参考程度にされた方がいいかなと思います。
気候・赤ちゃんたちの状態に合わせて調節して下さい。



用意するもの


 ゴートミルク(ヤギの乳)
 mori-nyu ワンラックペットミルク
   ミルク類はうさぎのしっぽさんで購入しました。勝手にリンクしていいかどうかわからないので
   検索してみてください。
 検査用使い捨てスポイト
   やわらかい素材でできていて口の直径は4mmくらいです。(写真)
   ホームセンターには口が太く硬い素材で使いにくいものしか売っていなかったので
   過去の職業柄、秘密のルートで入手しました。
   市販の小動物用哺乳瓶はまだ大きいと思います。
   生後40日の今でも大きいような気がします。

IMG_5692.jpg


ミルクの調整


 ゴートミルク:水道水=1:4程度の割合
   (袋に書いている割合の倍の濃さだったと思います)で溶いたもの
   ペットミルク:水道水=1:6の割合
   (こちらは缶に書いている割合そのままです)で溶いたもの
   この2種類の溶液を、
   
   生後2週くらいまではゴートミルク溶液だけ、
   以降はゴートミルク溶液にペットミルク溶液を少しつつ混ぜ多くしていき
半々にしている期間が1週間少しありました。
   (混ぜると嗜好性がupしました。
   あと色々なものを口にさせて栄養価を高めたかったんです)
   4週目以降はほぼペットミルクだけにしました。
   (これは在庫の都合です自分で食事は出来るようになりましたし)

   与えるときの温度は人肌に調整するために
   人肌より少し熱い湯にミルクの容器をつけ湯せんしながら
   与える間の温度を保ちました。
   ミルクがぬるくなったら湯を替えます。(写真)


IMG_5691.jpg


 ミルクの与え方

  
   おなかがすいている時は暴れまわって保定が大変です。
   自分の手が温かいときは素手で(写真)


IMG_5695.jpg


   手が冷えている時や暴れて暴れて仕方ないときは
   タオルでおくるみのようにして保定しました。
   タオルでくるむと口からこぼれたミルクをふき取りやすかったです。(写真)


IMG_5694.jpg


   ミルクは鼻に入らないように口の割れ目の正面に一滴つけてみると
   下がぺろっ、ぺろっと出てくると思います。
   スポイトでミルクを貰うことになれてくると横から唇を持ち上げて
   口の中にスポイトの先を入れてみたり
   飲みが悪い時は前歯のすぐそばの上あごと下あごの間にスポイトの先を入れて
   「口にものが入る」ことで飲むことを刺激したり・・・


   あげるときは少しつづ、少しづつ。
   欲しがってちゅぱちゅぱーと吸うときもあえて少しづつです。
   誤飲して窒息してしまったり肺に入ってその後肺炎になったり
   することがあるそうなので注意してあげて下さい。


   また授乳する場所は床の低い位置で這いつくばって・・・は大げさですが
   元気な子は保定が大変なので床にぽろっと落としてしまっても
   大事に至らないやわらかくで低い場所を考えてあげて下さい。


   与え終わったあとはぬるま湯で湿らせたコットンなどで
   口の周りや汚れたところを綺麗にしてあげてください。


 ミルクを与える量・頻度


   おなかがぽんぽこりんになるまで与えます。
   

   人工乳はそんなに一度にたくさん飲んでくれないので
   小さい間は2~3・4時間に一度満腹になるまで、
   ある程度飲めるようになったら4~5・6時間に一度
   あげていました。
   体力勝負です


排泄


   ミルクをあげる前後(後のみの時も)には
   自力で排泄できるようになるまで
   ぬるま湯で湿らせたコットンなどで
   下っ腹や生殖器あたりをリズミカルにとんとん・・・と刺激します。
   するとぴゅ~っとおしっこが出てくると思います。
   ●は自然に出るようです。
   
   生後2週頃には自力で排尿できるようになっていたと思います。
   (とんとん・・・としても出ない&巣の底が汚れている)




   
   深めのプラカゴやダンボール小箱・菓子缶などを巣箱代わりに、
   保温のためにカイロをはさんだタオルを一番下に敷き
   その上にもう一枚タオルを広く敷いて(写真)


IMG_5693.jpg


   お母さんが抜いた毛や草を軽く詰めて赤ちゃんを入れ
   上からふわっとまたタオルをかけました。
   成長途中で毛や草は撤去しました。

  
   保温しているカイロは長方形の巣箱の底の片側に寄せ、
   熱いと感じれば赤ちゃんが自分で移動できるように敷きました。
   またマメに巣の温度が熱すぎないか手を突っ込んで
   確認しました。


   また動き回るようになると脱走するので
   赤ちゃんたちの睡眠中は蓋をするか、
   巣箱をケージに入れるかしておいたほうがいいです。 
   毛のあまりない頃は脱走している時間が長すぎると体温が下がってしまうので
   気をつけて見ていました。


   ※ただしこれは7月中旬にエアコンで24℃に保たれた居間で行った方法です。
     気候や室温によってどのぐらい保温すれば良いのかは
     その都度考えて調整して下さい。

     また、巣の持ち運びの手軽さを考えてカイロを選びました。
     ペットヒーターもいいと思います。


体重測定


    人工保育の子たちはなかなか体重が増えないように感じました(前回)。
    なので今回は産まれた時以降
    増えていなかったら気分がぼこぼこに凹むので
    1週間に一度量る程度に留めました。   


    体重が増えない時は卵黄をミルクに入れることもあるそうなんですが
    ゆで卵の黄身を入れてみても
    我が家の場合はあまり変化が無かったです。  


開眼

  
   生後10数日以降になると思いますが
   自然に開くを待っていたら片目が開いたので
   もう片方を開眼させました。

   
   開かない時は  
   ぬるま湯で湿らせた綿棒の先っちょをゆっくりやさしくあてて
   なぞりながらそ~~っと目の粘膜の切れ目をなぞって開いていきます。
   「あれっ、開かないな~」と思う時はあきらめてまた翌日以降にしました。
   開くときがくるとちゃんと開くようです。


離乳


   目が開いた頃からしっかり立って走り回るようになったので
   ケージに牧草やペレットを置いていると
   食べられなくても舐めたりかんだりし始めました。


   以降食べれるようになりましたが
   並行して欲しがるだけミルクをあげ続けて現在(生後40数日目)に至ります。
   体重がある程度になってがっちりしてくるまでは
   ミルクはやめられないのかも知れませんが
   我が家の2匹は2か月いっぱいまでは
   念のためミルクをあげ続けようと思っています。
   
   一応給水器も取り付けていて飲み方は教えているつもりですが
   ミルクで水分が足りるのか水は減りません。

 
おしまいです。
お役に立てるといいんですが


にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

   






   
   
  
   
   
  





COMMENT : 4
CATEGORY : ちまき(ママ) |

プロフィール

たぴ

Author:たぴ
兵庫県神戸市在住・兼業主婦で主人とたくさんのうさぎたちと暮らしています。
「うさぎ」は自分が自分であるために欠かせない、ライフワークだと思っています☆

<Dear Little Rabbit-ry>
ホーランドロップを専門にブリードを始めており、時々赤ちゃんが産まれる予定です。
お譲り希望の方は、画面左リンク内の当ラビトリーHPをご覧頂き、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。


大切な家族・・・

□ペットチーム□

もち☆雑種(トート)♂
 18年5月生
きなこ☆謎ロップ(Bオレンジ)♀
 18年4月生
よもぎ☆ネザー(リンクス)♀
 19年3月生
だんご☆Hロップ(Bトート)♂
 19年7月生
京☆雑種(三毛風)♀
 12年?月生→17年9月お月様へ・・・
あつし☆Hロップ(オレンジ)♀
 21年7月14日生
 お譲りします、新しい家族募集中です。
しらたま☆Hロップ(Bオレンジ)♀
 19年3月29日生
 ママ卒業しました。
あずき☆Hロップ(ブラック)♀
 20年5月26日生 
 ママ卒業しました。
モルさん☆モルモット(アビシニアン)♀
 22年3月中旬生
ちまき☆Hロップ(オレンジ)♀
 19年10月2日生
 ママ卒業しました。
マーやん☆ミックス♂ 
 22年8月23日お迎え 推定5歳

□ラビトリーチーム□

おかき☆Hロップ(オレンジ)♂
 19年7月1日生
たかひろ☆Hロップ(オレンジ)♂
 21年7月14日生
おはぎ☆Hロップ(チェスナット)♀
 22年1月23日生
      


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © きなこもち+よもぎだんご All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。